2012年12月02日

スティーブ・ジョブズの映画化はアストン・カッチャー主演で実現されるらしい。

スティーブ・ジョブズを描いた映画は、

既にアストン・カッチャー主演で撮り終えているらしい。

別でソニーピクチャーズも映画化に動いているので、

少なくとも2つの映画が見れるらしい。





スティーブ・ジョブズファンの私としては、

必ず公開初日に見て、ここに感想を書く予定。

スティーブ・ジョブズ名言
posted by ブランド at 12:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012個人的ヒット商品番付

今年もついに12月、ということで、

2012年、個人的ヒット商品番付を考えたい。






横綱 宮古島

今年はなんといっても7月に宮古島に行けたことが

結構、衝撃的に楽しかったひと時だった。

まあこれが学生時代だったら、そこまで楽しいと感じなかったのかもしれないと思う。

やっぱり遊びは仕事してこそ楽しいと思う。




何が楽しいって、あのお酒をガンガン飲む文化。

宮古島のキャバクラは男も女も常に一気飲みで、

最後みんなベロベロに酔って、とても楽しい。

昼間は、めちゃくちゃきれいな海で、貝探しして、

夜はおいしい宮古島料理を食べながら、オトーリするのは本当に幸せだった。

ユニマットに就職すれば仕事で定期的に宮古島に行けたかもしれないと夢見るくらい宮古島を好きになった。





大関 競馬

去年も何回か行った記憶あるけど、今年は多分5回くらい(少ない休みを考えると多い。)競馬に行って、楽しませてもらった。

大人になって、少し見方が変わったと思うところは、

馬主は誰だろうとか、馬だけでなく人の物語を意識するようになったこと。

年内にテイエムオペラオーのオーナーである竹園 正繼氏が書いた「馬見の極意」を読んで、

1ランクアップした競馬の賭けをしようと思っている。

テイエムオペラオーを1000万で購入したなんてすごすぎる。






関脇 スティーブ・ジョブズ

今年の前半はこの人の伝記を読んでいた。

リーダーとはこの人のこと。






小結 友人I氏

ふとしたきっかけで、今年は2回飲みに行ったのだが、

とにかく女性への出会いのキラーパスを出してくれる人だ。

まあ2回飲んだだけなので、偶然かもしれないけど、

この人脈は大切にしたいと思っている。
posted by ブランド at 12:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

虚飾の経営者 稲盛和夫/斎藤貴男

虚飾の経営者 稲盛和夫
斎藤 貴男
金曜日
売り上げランキング: 161259




稲盛和夫さんを称賛する本は、

稲盛さんが書いた本も含めて多々あるが、

実際現場で働く社員は、同じように稲盛和夫さんを

称賛しているんだろうかと思って、この本を読んでみた。







結論から言うと、

ヒトラーを称賛するような発言をした、とか、

宗教的な発言をしたとか、

鹿児島大学に寄付をして、そこの建物の名前に自分の名前を入れるなんて、

自己顕示欲が強すぎる、といった話など、

まあとらえ方によったら、悪く聞こえるけど、

揚げ足をとったような話にしか聞こえないのが残念だった。

もっと稲盛和夫さん直属で一緒に働いてきた人の取材などに基づいて話を進めてくれたらよかったけど、

逆にそういった情報がないということは、

稲盛和夫は裏表なくまともな人なんかなと思わされた。

もうこの金曜日という出版社から出ている本は個人的な意向では読まないと思う。
posted by ブランド at 11:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。