2012年06月03日

阪神競馬場に行ってきた:6歳馬はあなどってはいけない。

初めて重賞が行われていない競馬場に行ったのだけれど、
十分テレビでGIの安田記念も楽しめたし、人がすいている分、重賞がない日も良いと気付けた1日だった。
下の記事は1万円の価値のレポートということになる。


<阪神7R サラ系3歳以上 2000m ダート>パドックでよく見えたイーグル、バンブーチェルシー、トシザツンツン、ヴァンヌーヴォーを中心に買った。
軸は一番良く見えたトシザツンツンを選ぶ。

結果はヴァンヌーヴォーが抜けて1着やったけど、
2着のマーべラスバロンは外していたので、完敗。


<阪神8R サラ系3歳以上 1400m 芝>
一番良く見えたパワフルキリシマを軸に、ミヤジシェンロン、タツストロング、メイショウゲンプ、トーホウジャパン、シゲルハンペイと流す。
パワフルキリシマは5着だったので、惜しかったけど、1着のアイムヒアー(牝馬)は外していたので、完敗。


<阪神9R 三木特別 1800m 芝>
このレースは本当にパドックで1番、2番、3番のアバウト、エスカナール、カネトシディオスが良く見えていたのだけれど、
ただどれも人気が高く、当たってもおいしい思いできないので、外して、
穴馬で一番よく見えた9番テーオーケンジャを軸に、人気馬と流したのだけれど、
予想通り1番、2番、3番が強く、テーオーケンジャは4着だったので、完敗。


<阪神10R 鷹取特別 1800m ダート>
実績とパドックを見ると、3番トリノと、10番グッドマイスターがどう見ても強そうだったので、
その2頭を穴馬と流して、高配当を狙う。
グッドマイスターが勝ったのは予定通りだったけど、
パドックで荒れていたタナトスが、意外にも走って2着に来て、完敗。
パドックで荒れていても、本馬場入場後にピタッと落ち着くケースがあるから、注意しなければと思った。

ただタナトスがパドックでよく見えても、
タナトスとグッドマイスターでは高配当じゃないから外していたとは思うけど。


<阪神11R ストークステークス 1600m 芝>
4番スマートシルエットは1番人気なので外して、
パドックでよく見えたオールアズワンと、シェーンヴァルトを軸に、
穴馬と馬連・ワイドで流した。
残念ながら結局1番人気のスマートシルエットが1着で、
オールアズワンが3着に着たので、ミカエルビスティーとワイドで勝っていたのが当たるも、
200円勝っている馬券で、配当が¥1,180円だったので、全然おいしくなかった。


<東京11R 安田記念(GI) 1600m 芝>
軸馬をどれにするか最後まで悩んだけど、
パドックでよく見えた(館内のテレビで見た。)2番ガルボを軸に、流した。
とりあえず割れていて、配当高かったので、頭数増やして、流した。
ただ6歳馬ということで、外していた4番ストロングリターンが1着で、
完敗だった。
6歳でも1分31秒3のJRAレコードを出せるんだと、
勉強になったレースだった。

去年の宝塚記念も6歳馬のアーネストリーを外して、完敗したし、
6歳馬を外すのはそろそろ辞めようと思った。
ラベル:競馬
posted by ブランド at 20:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。