2011年08月28日

フランス語の勉強始めました。

お風呂で読むフランス語[会話フレーズ]
小林まみ
学習研究社
売り上げランキング: 22630


9月の末から、初めてフランス・パリに出張で行かせてもらうことになって、

少しでも楽しめられるように、と思って、

フランス語のお勉強を初めてみた。







とりあえずお風呂で以下のフレーズだけ覚えました。

ボンジュール こんにちは

ボンソワール こんばんは。

オンションテ はじめまして

オルヴォワール さようなら

メルスィー ありがとう








これより先は文法が絡んでくるので、

面倒なのだけれど、1ヶ月間頑張ってみよう。
posted by ブランド at 21:33| Comment(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タクシー裏物語/伊勢 正義

タクシー裏物語―現役ドライバーが明かすタクシーの謎
伊勢 正義
彩図社
売り上げランキング: 53041


将来の夢はタクシードライバーという僕が、

ついに買って読んでしまいました。「タクシー裏物語」。

この本のコンセプト通り(?)、タクシー業界の裏話がさくさく読めて面白かった。






給料水準は20万+売上の歩合50〜60%が多いとのことだった。

意外と良いと思ったのだが、どうなんでしょうか。

「大日本帝国」と呼ばれる大手で働くと、

会社員のタクシーチケット客が現れるため、より稼ぎがいいらしい。







あと「美人女性客の誘惑に勝てるか?」というチャプターが刺激的だった。以下引用。







「近距離の乗車ではまずないが、30分以上の距離になると狭い空間の中で

独特な感情が芽生えることも少なくない。

携帯電話の番号やメールアドレスを交換するのは日常茶飯事である。

問題なのは次の一言のようなケースだ。

『すいません、お金が足りないので部屋まで一緒にきてください。』

こういうことを言う女性はだいたい美人でスタイル抜群と相場が決まっている。

しかも酒が入っており艶っぽいため始末が悪い。」









年をとってタクシードライバーになるのが楽しみになった瞬間だった。
posted by ブランド at 16:17| Comment(0) | 本レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モウリーニョ どうしてこんなに勝てるのか

モウリーニョ どうしてこんなに勝てるのか?
B. オリヴェイラ N. アミエイロ N. レゼンデ
講談社
売り上げランキング: 131917




図書館で読みました。






モウリーニョを分析する上で、

そのカリスマ性や、フォーメーション、また人事など、

いろいろな切り口で分析ができると思うが、(されてきたと思うが)

この本は徹底的にモウリーニョのトレーニング方法をフィーチャーした本。






そういう意味では、サッカーファンというよりは、

実際にサッカーをする人、教える人向けの本だと思った。






なんでもモウリーニョは、フィジカルトレーニングなどを廃止して、

徹底的にボールを使ったトレーニングをするらしい。

それも単純にボールを使うだけでなく、

いかに決まった規律に従って、全員が動けるか、

といった戦略的なトレーニングに注力するらしい。

その新しいスタイルが画期的であり、モウリーニョ成功のみそだとこの本は語るのだった。








他にもいろいろとモウリーニョ関連本を読んでみようと思ったのだった。

モウリーニョ名言集
posted by ブランド at 15:45| Comment(0) | 本レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月14日

吹田のお蕎麦屋さん 梵保庵 (ぼんぽあん)

2011081412550000.jpg

2011081412560000.jpg

2011081412580000.jpg


実家から歩いて3分くらいのところに、

本格的にお蕎麦を出しているお店があると前から聞いていて、

お盆で実家に帰ってきたタイミングで行ってきた。






すだちとみょうが付のかけそばが、

夏メニューということで、それを頼んで、

あとそばがきを頼む。






そばがきは、上質なわさびと、

大根おろしとおつゆで、とてもおいしかった。





夏メニューのほうは、涼しくてよかったけど、

あまり物足りない感じがして、

おそばは硬めで、そんなにおいしいとは思わなかった。

今度は、からみ大根のざるそばを食べようと思う。






店内から、三保ヶ池というきれいじゃない池が

見えるのだけれど、

店内から見ると不思議と良い雰囲気を醸し出していた。








お店のオーナーの奥さんは、デザイナーらしいので、

そのセンスの勝利かなと思った。






梵保庵 (ぼんぽあん)

【住所】大阪府吹田市新芦屋下27-5

【電話】06-6877-0999

梵保庵 そば(蕎麦) / 宇野辺駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0

posted by ブランド at 13:24| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボウリングは難しい

劇的にスコアがのびる! ボウリング絶対上達 (LEVEL UP BOOK)
矢野 金太
実業之日本社
売り上げランキング: 55105


ボウリングが子どもの頃からとても下手で、

最近、会社の人とすることがあってもやっぱり下手で、

どうしても上手くなりたいと思って、

上の本を読んでみた。







カーブ(フック)をかけるためにはリリースのときに

時計10時方向に親指を向けるとか、

左手は体のバランスをとるためにあげる、とか、

いろいろ書いてあって、実践しているのだけれど、

なかなか難しい。

カーブも、ほんまに少し曲がっているのはわかるけど、

上手い人みたいに曲がっていかないわけで。







昨日友達といって、

バックスイングが大きくて、手が出遅れてると言われ、

バックスイングを小さめにということを意識して、

やったらわりと上手くいった。

頑張って上手くなりたい。
posted by ブランド at 10:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪市西成区山王に行ってきた。

2011081400170000.jpg

2011081400160000.jpg

2011081318040001.jpg

友達が「女の子のレベルがめちゃくちゃ高い!!」と

言ってきかないので、

大阪市西成区山王エリアに連れて行ってもらってきた。






新今宮駅を降りて、10分くらい歩いて、

そのエリアを歩く。

玉石混交ではあるが、

うなるようなレベルの女の子がいるのも確かだった。






多分そのエリアを10週くらいして、

そろそろ決めようと思って、「空」というお店(?)に入ったのだった。







20分で¥15,000で、30分で¥20,000という料金体系だった。

楽しかったけど、どの店に入るかを選ぶのが、

なかなか骨の折れる作業だった。

だってかわいい女の子がいても、

もっと歩いたらもっとかわいい女の子がいるかも、

という可能性は常に残っているわけで、

その折り合いをつけるのが難しかった。
posted by ブランド at 10:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月13日

心斎橋のお寿司屋さん なかむら

2011081313010000.jpg

2011081313020000.jpg

2011081313030000.jpg

2011081313040000.jpg

臨時収入があったので、カウンターで食べる寿司屋に行ってみたい、と思って

東心斎橋にあるお寿司屋さん「なかむら」に行ってきた。





仕事が終わるのが22時なので、

夜中まであいているお店を探したら

心斎橋はあまり見つからず、(新地だったらもちろん夜遅くまであいてる店あるけど。。。)

唯一、カウンターでおいしいお寿司を食べられそうなお店だったのがこの「なかむら」。






中村さんらしきマスターと、

そのお弟子さんとお二人でカウンターのみの営業で、

席は10席強くらいの小さいお店だった。






サザエや、牡蠣、刺身をいただいてから、

にぎりでテキトーに食べて頼む。

きっちりネタが新鮮で、おいしい。

日本酒は長兵衛というのを頼んで飲んだが、

お酒とあった澄んだ辛口のお酒でとてもおいしかった。






一番のヒットは牡蠣かなと思う。

あと一緒にいった女の子が勧めてくれた芽ねぎのお寿司もおいしかった。






遅くまでやっているお寿司屋さんは心斎橋は意外と少ないので、

重宝したいお店だと思う。




なかむら

【住所】大阪府大阪市中央区東心斎橋2-1-19

【電話】06-6213-2326

なかむら 寿司 / 長堀橋駅日本橋駅近鉄日本橋駅

夜総合点★★★★ 4.0

posted by ブランド at 13:12| Comment(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月04日

あータクシーの運転手になりたい。

タクシーの運転手って楽しそうだと思うことが多々ある。

昼間走って、ビジネスマンに急かされるのは嫌やけど、

夜の繁華街とかで待機してベロベロに酔っている女の子とか乗せたら楽しそう、

ととてもうらやましく思っている。
posted by ブランド at 05:06| Comment(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。