2011年04月25日

リコーのGRと森山大道

仕事を通じて知り合ったカメラマンの人に、

もしコンパクトデジカメ買うとしたらどこのメーカーのものがいいとか

あります?と聞いたら、

リコーのGRは、プロのカメラマンでもサブで愛用してる人は多いですよ、

と言っていた。









森山大道というカメラマンの方の名前も出していた。

ちょっと勉強してみよう。
posted by ブランド at 21:53| Comment(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

成功のコンセプト / 三木谷 浩史

成功のコンセプト (幻冬舎文庫)
三木谷 浩史
幻冬舎
売り上げランキング: 7498


「目標を作って、それに向かって日々改善、日々前進すること」の

大事さが書かれていた。






今の僕に仕事の目標はあるかと聞かれれば、

言葉に詰まってしまう。







営業の仕事は好きだったけど、

ウェブショップがオープンして、

僕がそれをやらないといけないことになり、

ウェブショップに対して、目標を持って取り組めばいいのだけれど、

僕が任されているのは商品登録くらいなものであって、

あとは嫌いな上司にお伺いをたてないと進まない。

(それには果てしなく時間がかかる。)







しかもウェブショップの仕事以外にも、

得意先からの電話の応対とか、

海外のメーカーとのやりとり、

あと社長が、社長のお母さんが入院してる病院に行くことの送り迎えを車でしたり、

僕の会社におけるミッションは何なのかわからない。








社長は、ウェブショップなんかに関わらず卸の仕事を手伝ってほしいと思っているし、

専務は逆にウェブショップだけやったらいいのに、という発想で、

リーバイスのジーパンのタグのごとく、

馬から両サイドを引っ張られているような気持ちなのである。








僕がトップやったら、早く役目を作って、

たとえば僕だったらウェブ事業部に配属されて、

得意先の電話は出なくてもいいというような感じにする。

じゃないとどこが責任を持つエリアなのかわからない。

今は、ウェブも、卸先の対応も、海外のメーカーとのやり取りも、

全て責任があって、

結局、任せられる人もいないし、

一人ではどこかに不備が出て、上から文句を言われる。

これをやらないといけないという作業におわれて、

自分で工夫して、自分から仕掛けていく仕事なんてできない。
posted by ブランド at 06:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。